日々徒然

Posts in this category test post formats.

16 6月 2024

カフェ暦さんの手伝い

ここ最近総監督をしている円座にあるカフェ暦さんのバイトとしてピクシィーの予約が無いタイミングに手伝っています。監督仕事では無く暦の人手不足の手伝いです。 昨日なんかは暦を手伝ってからピクシィーの予約に間に合わせたりしてこの歳になって、いつゆっくり出来るのかと相成っております。 是非どなたかバイト募集中ですのでよろしくお願いします。詳しくはカフェ暦まで。 そんなこんなで今日も少しかき氷が解禁になった暦におります。 店主の目もあるので下っ端のワタクシはあまり話したりは出来ませんが美味しいおやつやお飲み物沢山あります。 是非!どうぞ! cafe暦 cafecoyomi pixie天然石と自然雑貨と音楽 バイトリーダー 急募 求人 organicfood naturalsweets カフェ高松 高松市カフェ 高松市手作りケーキのカフェ 高松市手作りケーキの喫茶店 高松市手作りおやつ organicsweetstakamatsucity…

09 6月 2024

木村充揮さんのライブ

いつも通りの木村さん 久しぶりに三豊まで年1恒例の木村充揮さんのライブに行ってきました。 木村さんのライブは高校生の時から観てますが今日も本当に感動しました。 音楽に加えいつもダジャレに飲み込まれない格言の様な言葉を貰います。 満員の店内はいつも通りの大多数酔っ払いの私より歳上の方で一杯でした。 その中の1番前に座っている方々が休憩タイムに大喧嘩を始めました。殴り合いにもなりそうな勢いの喧嘩で久しぶりにこんな場面に出くわしたなと見ていたら、休憩を終えて木村さんが舞台に戻って来ました。 笑いながら舞台からいなす木村さん、止まらないオッサン達木村さんの歌を待つ満員のお客さん木村さんのユーモアも通じず止まらないまま2部1曲目の『タイガー&ドラゴン』がスタート。 ♪俺の俺の俺の話を聞け!2分だけでもいい♫ 素晴らしい歌を話しを聴けやと その後2〜3曲歌っても一向にお年寄りの喧嘩は止まず挙げ句その中の2人が立ち上がって揉み合いに片方のオッサンが座れや!みたいに言うたら舞台上から木村さん 「お互い座ったらえんじゃがーお互い人に言わんと自分もそう」 正論。 歌聴きたい他の皆さんが優しい〜優しい〜どして?って言うてましたがほんまにそう思いました。いっつも木村さんは優しい。どっちかじゃなくて平等 そんなこんながスパイスになってか(なっとんかい!)めちゃくちゃライブも集中力みたいなんが皆んなと出来たみたいになり(ナルナル調べ)感動的な時間となりました。 マネージメントをする満鉄さんがいるのも大きな安心であり何が起きようと別に気にはなりませんでしたが オッサン達に言いたいのは、私や友人はこの時間の為に一生懸命働いてお金を貯金し大切な時間を作って来ているのです。オッサンはお金も有り余っていて暇でただお酒を飲みにライブに来ただけかも知れんけどそれなら他に行ってくれと木村さんにとっても有限の時間や体力の中一生懸命 手ぇ抜かず歌って演奏してくれとんや他のお客さんにとってもきっと同じ大切な一瞬なんやこのライブと言う空間を大事にせん奴は音楽何か分かって無いんやろなと立ち上がって言いたかったけどそれしたら完全に火の粉はこちらに向くので一切飲んで無いシラフの私はここに書くに留めました。笑 いずれにせよ思うのは一瞬の喧嘩とか別にえんですよ、人間やからそんな事もあるだろうとやけど長い、長かったライブ終わってもそのオッサン関係無い人巻き込んで誰彼構わず喧嘩しに行ってましたがそれはワロタけどもやあーはなったらいかんそりゃ戦争が止まらんわな大の大人があれやもんな コロナ禍以降ライブの場所がそんな感じになっとる話しはチラホラ聞くけどコロナやワクワクさんの影響か?もしくは安い缶チューハイとかに怒り出す成分入っとるらしいから酔っ払いが喧嘩っ早い お酒を嗜む皆さん、原材料は良い物を飲んで楽しく酔って下さいね。他に迷惑かける内容が笑いがないと時間勿体無いわ。スタンダップコメディのナオユキさんのネタに出て来る泥酔酔っ払いの登場人物みたいでないと笑えんいや昨日の酔っ払いは笑えたっちゃ笑えたけど、木村さんのお陰で…

07 6月 2024

南インド料理や私の思うインド料理

呆けピクシィーなので同じ写真が出るかもしれませんが大きな心でよろしくお願いします。 この度はインド料理について 一昨年くらいから?友人と言って良いのか、先輩から「ナルナルだったら率直に教えてくれそうやから」と頼まれたインド料理の味見 私のインド料理への感覚と日本の色んなお店で食べるカレーやミールスとの違いに少し思う所がありました。 簡単に言うと私が現地で食べたインド料理はどれも優しい 味も見た目も優しく感じていました。 きっと普通のイメージはスパイスがとても効いてみたいな感じだと思うのですが、私が食べた色んなお店とかのごはんはスパイスのバランスが絶妙でどれかが強く感じたりしなかったのです。 それはとても重要でたまに日本でそんなお店に出会うと感動してました。 その友人の作るカレーも正に最初の頃は激しく私は毎回、自分の思いを上記の様に伝えてました。 ほんまにインドのごはんは調和を感じるのです。スパイスはあくまで日本で言う出汁の様。 そんな風に感じていました。 そして今回は特にホスピタルの食事で全てベジミール、より優しく、より味の構築が絶妙じゃないと美味しく感じない、私が食べた物達はどれもとても美味しく、いちいち んまぁーんまぁーと言ってました。 ドクター、セラピストはじめスタッフ達は水曜日と土曜日だけチキンとフィッシュのメニューが提供されます。 プログラム最後の方では他の皆んなとチキンカレーを見て欲しがっていたら、野菜のピクルスを特別にくれました笑 アーユルヴェーダではとにかく食事は大切で施術を受ける患者達はこれを守ります。 毎日3度のごはんを作ってくれるシーラとお母さんに会いに来た娘のリマ 料理人シーラはとても聡明でそしてスピリチュアルリズムがある方で自分と何か似た流れのある人だなとすぐに意気投合しました。 チャイの作り方を教えてくれるようにしてくれたり、色んな料理の名前や作り方の説明をしてくれました。 リマは中学生ですが進学校の為親元を離れ寮から学校へ通っているそう。…

03 6月 2024

6月の営業予定と模様替え

先日 以前からしたかった模様替えをしました。私の場合お店も家も併せてする事になるのでおおごとです。 もう2年前くらいからしたかった事なのでまだ途中ですが新鮮です。石も更にキラキラしてます。 毎回こんな事をすると新しい出会いや久しぶりの出会いがあります。面白いあるあるです。 まだお店も家も変わって行きますがボチボチでやっていきます。まずはお店から。因みにお店は通常営業してますのでご予約お待ちしてます^_^ と書きながら、お店のカレンダーをアップするの忘れていた事に気付きました。今からします。 模様替え

31 5月 2024

ケララ記続き

そんなこんなでわっせんうちに書いてみます。 翌日もまたレバナム、ボディダーラのちエネマをこの日以降6回、計7回の予定で2発目を試行 前日よりははるかに慣れを感じシステマチックに事が運びます。 でも19才のスウィートハートはいつも私を応援してくれてありがたい。 排便も回を重ねる毎に減っていく。と言う事はやはり腸にへばり付いている物か何かが日を追う毎に取れて行っているのでしょう。 臭いも無くなり腸が洗われているのだなぁと言う感じになります。 エネマの後は必ずこのミールを食べます。 日を追う毎に減らして貰いました。これに必ずライスウォーターと言うお粥の上澄み水みたいな塩味の物を大きめのコップ一杯飲みます。 木に咲く可愛い花、ここはカラスや沢山の鳥達のオアシスでもあります そんなこんなでこの感じのトリートメントを続けていました。 私の今回の旅の目的は、私自身ホメオパシーと言うドイツ発祥の治療法を勉強していますが ホメオパシーはインドでも昔から日常的に使われており、その流れを見たかったのと、アーユルヴェーダ発祥の地インドでそれを体験してみたかった、アーユルヴェーダとホメオパシーのあり方がインドではどんな風な感じなのかイコール勉強でした。 なので、以前も数回のアーユルヴェーダ体験はあったものの今回はバカンスなアーユルヴェーダではなく本気の治療施設での真面目アーユルヴェーダ体験で決めました。 なのである意味かなりストイックです。 だから最初からアーユルヴェーダプログラム中はホメオパシーは全く使わないと決めていました。 片側一車線の細い道路に横並びで5台位の車やバスやオートリキシャ(トゥクトゥク)があっちゃこっちゃから突進して来る空気が汚れた環境で外国人は皆んな咳をしていて私も例に漏れずアレルギー性な喉の痛みとかが始まりました。 それでも治すのはホメオパシーではなくアーユルヴェーダでしようと決めていました。 ドクターに頼んで説明をしてアーユルヴェーダ薬やうがい薬をお願いしたりしました。 大切な命のお母さん猫 ですがやはりホメオパシーの様な即効性は無くどんどん咳が始まり鼻水、痰が出始めアレルギー症状の一つ微熱も出始めました。…

16 5月 2024

ケララ

宿泊所には色んな国から来た人がいてごはん時に一緒になります。 イギリス在住のインド人夫婦やハンガリー在住のドイツ人のおじいさんカナダブリティッシュコロンビア在住の男性この方達とは毎回話すのですが特にカナダの人の料理人の方と私の会話はフォレストガンプとババの会話そのものです。 英語が上手く無い私でもそのパターンが来たら楽しくて仕方ない永遠食べ物の話しや料理法の話しをしました。 間違い無く美味しい料理を作ってくれる料理人 ここでのごはんは主食におかずがバラバラで来ますがインド料理のお店マンジャルさんで培った混ぜる食べ方のお陰でより一層美味しく感じます。マリアージュの味の極意これが一番な気がします。 ヨーロッパやアジアからの人はそれぞれで食べている逆にカナダの人はぐちゃぐちゃにして右手で食べている。絶対その方が美味しいなと思いました。ハンドパワー 混ぜるって言うのは凄い威力発揮しますね。 ここで料理をしている女性の方々は本当に働き者です。アーユルヴェーダのごはんは新鮮であったかい物であると言う理念です。その為それを実行する為に本当に頑張っている姿を見ます。なので私も時々手伝います。(足手まとい) 2人の女子トークを聞きながらお手伝いするのは癒されます。とても優しい人達です。だからその波動がごはんに伝わって優しい料理になります。ナンニー(ありがとうの意) 詳しくはブログに書きます。 朝夕飯前に持って来てくれるお薬を飲んでごはんを食べてそれ以外はトリートメントをしてもらって仕入れをしたり レパナムパスター45分、お水をかけるボディダーラ、足マッサージ そんな事をしていたら昨日は大変な目にあいました。 この日はいつものプログラムにエネマと言う言わば浣腸が組み込まれていました。恐ろしい ボディダラの後いよいよ凄い量の薬の入ったお水300〜500mlくらいの物がセットされていて投入されました。 19才のスイートハートが私を応援してくれて終了 速攻で下す感じになりコケない様にトイレ兼湯浴び場へ 5〜6回の排便の末生還 イメージで言えば赤痢の時を思い出す焦り、赤痢の方がそりゃあキツいですがそれを思い起こしました。 エネマ初体験。…

14 5月 2024

アーユルヴェーダプログラム

ケララに来てアーユルヴェーダのプログラムを受けに来ました。  シンガポール経由でコーチン国際空港に到着し、そこから2時間半程の田舎街に来ました。 夜中到着、翌日の午後前にアーユルヴェーダドクターと長い診断を受けトリートメントがスタート 私はデトックスプログラムのパンチャカルマを受ける事に 1日目はゆっくりと始めます。 身体に私に必要な薬草を練ったペーストを塗りたくり1時間弱置きます。 その後、あったかいお湯を2人がかりでリズミカルに全身に掛けてくれます。 その後下半身を薬草入りオイルでマッサージ その後、自分でバケツに貯めたお湯で流して今日のプログラムはおしまい。 朝ごはん、ランチ、ディナーは決められた食事で16時にチャーイが振る舞われます。 とても美味しい。 今回私の不調はそんなにこれと言った事は無く、長期のアーユルヴェーダを体験する事が1つの目的でした。 食事療法も取り入れているので基本これ以外は食べたらダメとの事 おとろしやー。 でもみんな優しい。全てのスタッフが楽しそうに誰一人意地悪感も無く笑っていて同じ釜の飯を食ってる感で良かった。 日本の全ての会社とか仕事場がこうだったらいいですねー。 クスクスに玉ねぎにんじんいんげんを細かく切った炒飯みたい 麦飯みたいなごはんに何や野菜色々の数種のおかずとスープ アーユルヴェーダは夜はとにかく少なめでと言う事です。チャパティなんかな?米粉ぽいにダルカレーどれも味わい深い

14 5月 2024

アフリカのZindi

アフリカ人と言えどもアフリカは超広いアフリカの中に知らない国も沢山あってビックリします。 去年引っ掛けたと表現してしまったマラウイから来たジンディマラウイと言う名前はギリギリ聞いた事がありました。 そのマラウイでは高校の先生をしていて今香大に地理の勉強をしに留学しているZindi が自国について語るイベントがあるそうです。ジンディは日本ではシャイキャラなので告知しておきます。 私も家に居たら必ず行っていました。マラウイ、アフリカ、色んな事が気になって仕方ない。 香大であるそうです、明日!学生気分に戻れるし一石二鳥です。 是非! https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSez5HvE2R9V9raqzw4c6nwudS6fFefsGPGEIR5BRvfqnyrK2w/viewform kagawauniversity 香川大学 Marawi Zindi globalcafe africa

14 5月 2024

デトックス

無事荷物が届きました。日本ではあまりこんな事は無いと思っているので私としましては大切な物が3つの荷物に入っているので焦りましたがこちらの全ての人が大丈夫明日には着くからと皆んな言います。よくある事みたいで、空港でも沢山の人がロストラゲージで問い合わせに来ていて皆んな私と同じ気持ちの人々でした。 実際には3日かかり3日振りに服が着替えられて何より大事な物が無くならず嬉しかったです。 ご飯は映えず質素に見えますがどれも舌の奥まで旨味を感じる美味しさで感動しています。 天気は今の所毎回昼間は暑く夕方に雷が鳴り少ししたら土砂降りになりすぐに上がり天気になるを繰り返しています。1枚目の写真は雷が鳴った頃です。 細かい事はブログに書こうと思います。 ここからはこちらで 鳥や虫の鳴き声が違っていてそしてとても癒されています。 以前行ったインドはもっともっと田舎で貧しくてでも美しく衝撃を受けました。 が、ここはケララのコーチンの中では田舎ですが、私には道が舗装されているだけで都会です。 ここでアーユルヴェーダのデトックストリートメントを受けています。 先に行ったこれも含めケララに来たいと思い早十数年。 美しい名前の街にやって来れました。 自然の音と車のクラクションが混在する世界。 kerala lostluggage なんくるないさ 部屋から見える教会 猫たん達が痩せていて心配で仕方なくなる お粥 魚屋さん…